クラス紹介
少年クラスの指導内容

稽古の流れ

  • 黙想
    1.黙想
    稽古前に黙想をして、物事を始めるときの気持ちの切り替えを学びます。        
  • 準備運動
    2.準備運動
    準備運動を入念に行い柔軟性を高めます。稽古のみならず日常生活の怪我を予防することが期待できます。
  • 基本稽古
  • 基本稽古
3.基本稽古
手技による攻撃や防御、蹴り技などを号令に合わせて繰り出します。全身を使うことによる体力の増強、声を出して行うことにより声が大きい元気さが身につきます。
  • 移動稽古
  • 移動稽古
4.移動稽古
基本で行った技を、移動しながら行います。基本稽古よりもバリエーションが豊富の為、飽きさせずに稽古を行うことができます。
  • 型稽古
  • 型稽古
5.型稽古
移動稽古の技を決まった順序で行います。順番を覚えることにより記憶力向上、また空手の基本的な技や姿勢を身につけることが日常生活の姿勢を良くすることに繋がります。
  • ミット稽古
  • ミット稽古
6.ミット稽古
実際に物を叩いたり蹴ったりすることで、筋力を発達させます。また、お互いが持ち手を交代しながら行うことにより、協調性が身につきます。
  • スパーリング
  • スパーリング
7.スパーリング
試合と同じ形式での自由組手です。ケガをしない為に専用のサポーターを装着し、相手の力量に合わせて行ないます。直接打撃制のルールで実際に叩かれたり蹴られたりする痛みを体感することにより、むやみに暴力を振るわない思いやりが身につきます。
  • 補強運動
  • 補強運動
8. 補強運動
最後に遊びを兼ねた運動を行い、体力を付けると同時に道場は楽しい所という印象を持ってもらい、休まず稽古に通ってもらえるように致します。
  • 正拳突き
    9.正拳突き
    稽古の締めに正拳突きを行い、黙想をします。         
  • 黙想
    10.黙想
    激しい稽古の後に黙想をすることにより、気持ちにメリハリをつけて気持ちを落ち着かせることができます。
ページの先頭へ