クラス紹介
女子クラスの指導内容

稽古の流れ

  • 黙想
    1.黙想
    稽古前に黙想をして、物事を始めるときの気持ちの切り替えを学びます。        
  • 基本稽古
    2.基本稽古 正拳中段突き(手技)
    突き・受け・蹴り等の基本稽古を行います。
  • 基本稽古
    3.基本稽古 蹴り
    蹴り技などを号令に合わせて繰り出します。全身を使うことによる体力の増強、声を出して行うことにより声が大きい元気さが身につきます。
  • 基本稽古
    4.移動稽古
    前屈立ちで移動しながら、技を出したり受けたりします。
  • 移動稽古
    5.型稽古
    基本・移動で学んだ技を実践の場面をイメージした型として反復します。
  • 移動稽古
    6.ミット稽古
    実際に物を叩いたり蹴ったりすることで、筋力を発達させます。また、お互いが持ち手を交代しながら行うことにより、協調性が身につきます。
  • 型稽古
    7.組手稽古(スパーリング)
    サポータを付けて、お互いが自由に技を軽めに出し合います。
    その中で、受けや攻撃のタイミングを学びます。
  • 型稽古
    8. 補強運動
    腹筋などの補強運動を行います。
  • ミット稽古
    9.道場訓唱和、黙想
    最後に極真会館の道場訓を唱和し黙想して稽古を終了します。
ページの先頭へ